DSC_2922.JPG.jpg

練習について

○シーズンオフ期【陸上トレーニング】(4月~9月)
 4月~9月中旬までは、走り込み(長距離・アジリティトレーニング)、バランストレーニングやハンドボールを使ったフォーメーションの確認、筋トレ等陸上トレーニングを中心に行い、走り負け、当たり負けしない体づくりを行います。主にトレーニング場所は学校ですが、学校周辺には、1周3キロの湖(千波湖)で長距離トレーニングを行ったり、300m程の坂道を駆け上がったりするなど、陸上トレーニングに適した環境が整っております。
 また、ビデオミーティングも定期的に行い、全員が共通理解をもって試合に臨めるように取り組んでいます。

○シーズン期【氷上トレーニング】(10月~3月)
 9月中旬~3月下旬まで週3回~5回氷上練習を行います。シーズン初めは、個人練習を中心に個々のスキルアップに重点を置き、徐々にグループ戦術、チーム戦術と計画的に練習を行っています。
 また、本校が最も大切にしている『パスを丁寧に繋ぐホッケー』を確立する為に、『角度・タイミング・強弱・思いやり』の4つを常に意識しながら丁寧にそして力強くパスをする事を指導しています。現代ホッケーのシンプルかつ速いホッケーとはスタイルがことなりますが、創部から『水戸スタイル=パスホッケー』の確立を目指しています。