正しい知識を持って筋トレしよう

皆さんは筋トレを行う際に最も大切なことは何だと思いますか?

回数?負荷?フォーム?休息?かっこいいウェア?

これら全て大切な事ですが、最も大切な事は正しい知識を持って行うことだと考えています。

筋トレは正しい知識を持って実戦しないと、効果が上がらないどころか『筋力の低下』『怪我』という逆効果になってしまいます。


「筋トレ」とは筋肉に負荷をかけて、筋繊維を収縮させ破壊することです。

例えば、腕立て伏せひとつやるにしても、『地面すれすれまで下げない』『お尻が浮いて正しいフォームでやっていない』等、ただ回数をこなすための残念な腕立て伏せを始める人が圧倒的に多いです。残念なトレーニングは狙った箇所に負荷をかけることができず、非効率なトレーニングとなり、効果は半減してしまいます。


残念な腕立て伏せ100回<正しいフォームの腕立て伏せ10回


筋トレは単純に回数を多くこなせばいいというものではありません。正しい知識を持って正しいフォームで鍛えたい箇所を意識し、1回1回の質を高めていくことが、非常に効率的なトレーニングとなります



これは残念な腕立て伏せですね。笑

しっかりと指導いたします!



さらにトレーニングに関して最も難しい事は、継続することとやりきることだと考えています。ダイエットを始めたけど3日坊主なんて事はよくありますよね。また、今日は頑張ってトレーニングしようと決心して挑んでも、自分に負けてしまって、「この辺でいいや。」なんて事もよくあります。

継続することの難しさは、皆さんも一度は経験した事があるのではないでしょうか。

私も長年筋トレを行ってきましたが、なかなか理想の体つきになりません。笑

(私の場合は、美味しいものを食べたいからトレーニングするというのが動機ですが・・・)


また、やりきることに関しては、子供達には、自分の限界まで達したら、そこから2回・3回補助をついてもらいながらやるよう伝えています。限界まではトレーニングではなく、ウォーミングアップ。そこからの2回・3回がトレーニング(成長)に当たるんだと伝えています。これを専門用語で『オールアウト』(全て出し切る)と言います。これが中々きつくて大変です。筋トレに限らず全てのトレーニングで意識させています。




『腹筋を割りたい!』『スラッとした足になりたい!』『男らしい胸板を作りたい』等、皆さん様々な目標を持って運動されているかと思いますが、お手軽に短期間で効果が出る、そんな魔法のようなトレーニングなんて存在しません!


『継続は力なり』と言いますが、まさしくトレーニングに関しては、

『トレーニング』→『栄養補給』→『休息』→『トレーニング』というサイクルをしっかりと自己管理し、コツコツ地道に行うことがなにより大切になってきます。








182回の閲覧

最新記事

すべて表示