KEIMEI%2520LOGO_edited_edited.png

見出し h1

​ 水戸啓明高校アイスホッケー部は全国各地からアイスホッケーと勉強の両立を頑張りたい生徒が集まり、インターハイ・関東大会・国体優勝目指して日々トレーニングに励んでいます。
​ 
私たちには、目指す選手像があります。

​①本気で優勝できると信じ 、優勝のため、チームのため、今何ができるか考えベストを尽くせる選手。

②スポーツマンシップの理解に努め、対戦相手、審判(ジャッジへの暴言等)、チームメイト等、周囲  に対して感謝と敬意を持ち、学校の代表、茨城県の代表として行動できる選手 。
 
③チームワークの理解に努め、チームメイトを思いやり、試合でのプレーだけではなく、チーム雑務も含めて助け合い、チームの良好な雰囲気作りのために 自ら率先して行動できる選手 。
 
④大人として公私の分別を持ち、常に高校や茨城県の看板を背負っていることを強く理解し、一つの小さな過ちから関係各所多大な迷惑がかかることを肝に銘じ、自己を律し、チームメイトと指摘し合える選手 。
 
⑤保護者、高校、茨城県、連盟、各関係者等、たくさんの人たちの協力で私たちがチームとして存在できることを深く理解し
感謝するとともに、自ら進んで周囲へのあいさつや気遣い等の行動ができる選手。
 
自立と自律ができる選手。
※自立=他者からの支配、従属から離れて一人で物事を行うこと。
※自律=自分で考え、行動でき、自分にOK を出すことができること。




みなさんにとってアイスホッケーとは何でしょうか?

私たちにとってアイスホッケーは人生の一部です。

勉強もスポーツも遊びも仕事もどれも同じように大切です。
たかがホッケー、されどホッケー
アイスホッケーを通じて日々、何を学ぶか
私たち水戸啓明高校アイスホッケー部はそんな事を考えながら、ホッケーが好きな一心で全力で、一日一日を大切に過ごしています。

輝かしい高校3年間は一生のうちに一度しかありません。
目標に向かって毎日努力し、失敗から何かを学び、チームメイトや家族、アイスホッケーができる環境に感謝し、本気でアイスホッケーに打ち込む。そんな環境がここにはあります。